言葉のリハビリ専門家|憧れのアロマのセラピストになるには|安らぎを与える

憧れのアロマのセラピストになるには|安らぎを与える

女性

言葉のリハビリ専門家

勉学

様々な現場で活躍も

先天的な障害や後天的な障害によって言語機能に不具合が生じてしまう場合もあります。そういった人達が上手く話せるようリハビリを行うのが言語聴覚士の仕事です。言語聴覚士は病院やリハビリセンターを始めとし、施設や学校など幅広い場所で需要が高まっている職業の一つです。言語聴覚士になるためには、通常は養成課程のある大学・短大に通うか専門学校に通うのが一般的です。そこで3年以上学ぶことで受験資格を得ることが可能で、その後に国家試験に合格することで言語聴覚士の資格を得ることが可能です。言語聴覚士はとても幅広い知識が必要になるために4年制の大学に通う人が多くなっていますが、出来るだけ早く働きたいという人の場合には短大や専門学校を選ぶこともあります。

コミュニケーションも大切

病院や施設など様々な分野で需要が高まっている言語聴覚士ですが、実際に働く際には学校で学んだ知識だけではなくコミュニケーションもとても重要となるので注意が必要です。言語聴覚士として接する患者は症状によってはリハビリが長期化するようなことや、何らかの障害が残ってしまうというケースも少なくありません。そのため、患者やその家族は強い不安を感じている人が大半です。そういった人達に前向きにリハビリを行ってもらうためにも上手なコミュニケーションが言語聴覚士には求められるようになるのです。リハビリを行う職業としては理学療法士や作業療法士などの職業がありますが、そういった職業以上に言語聴覚士として働くには知識だけではなくコミュニケーションも求められるということを知っておくことが大切です。