介護教育の在り方|憧れのアロマのセラピストになるには|安らぎを与える

憧れのアロマのセラピストになるには|安らぎを与える

女性

介護教育の在り方

介護

介護分野の資格制度

超高齢社会の日本で2010年に新しく創設されたのが介護保険制度です。介護保険制度は時代の変化やニーズに応じて定期的に制度の見直しが行われていますが、直近の見直しでは介護従事者の資格に対しての見直しも行われました。これは介護の質を向上し人材を確保する目的があり、介護従事者が働きながらでも研修や教育が受けやすく、キャリアアップを段階的に目指せるように資格取得のあり方を変更したのです。国家資格である介護福祉士は指定の養成機関を卒業することで受験資格を得ることができますが、働きながら実務経験を積んで資格を得ることもでき、実際の介護現場でも他業種から転職をし、実務経験を積んで介護福祉士の資格を得ている人が数多くいます。

資格取得の背景

資格の変更は従来のホームヘルパー2級が初任者研修、ホームヘルパー1級が実務者研修になりました。変更前はホームヘルパー1級よりも2級の方が介護未経験者や初心者にはなじみが深く、受講者も多かったのですが、変更後は介護福祉士の受験資格に実務者研修の修了が必須となったため、急激に受講者が増えています。また、資格と同時に介護報酬の改定もあり、資格取得者の雇用状態によっては減算対象にもなっています。そのため実務者研修を積極的に受講を促す事業所も多く、従来よりもさらに資格保持者の方が就職が有利になったと言えます。介護福祉士の資格を持たない人にとっては初任者研修よりも実務者研修の方が人気があるのはこのような背景が理由なのです。